借地権を相続する

借地権を持った被相続人が亡くなると、その被相続人が所有していた借地権も他の遺産と同じ様に相続の対象となります。遺贈以外の相続の場合は地主の承諾は不要で、新しく借地契約を結ぶ必要はありませんし、名義変更も特に必要はありません。また兄弟で借地権を共有するなど、複数の相続人で借地権を持つことも可能です。

相談借地権を相続する際に地主の許可や新たな契約は必要ありませんが、相続をすると土地の所有者である地主に土地の借地権を相続により取得したことを通知する必要があります。この他の手続きは必要ありません。借地権者が亡くなった場合でも土地の返還請求に応じる必要はなく、建物を所有することができます。

ただし、同じ相続でも遺贈の場合は地主の承諾が必要になります。遺贈とは遺言によって相続人以外の人に財産を送ることであり、借地権の遺贈は譲渡と同じ扱いになります。借地権の遺贈を受ける場合は地主に承諾請求を行い、承諾が得られれば承諾料を支払って移転手続きを行います。通常の相続と遺贈では借地権の取り扱いが変わり、地主への対応も変わってくるので注意が必要です。もし地主の承諾が得られなかった場合は相続することができないというわけではありません。家庭裁判所に申し立てを行い、賃借人の借地権譲渡の承諾に変わる許可を得ることもできます。申し立てが却下された場合は借地権の遺贈ができないので、諦めきれないという場合は弁護士などへの相談が必要になります。