借地権の売却

遺産相続をする場合は、全ての遺産を相続する必要があります。例えばプラスの遺産は相続してマイナスの遺産は相続しないという選択をすることはできません。遺産に借地権が含まれており、他の遺産を相続する場合は借地権も自動的に相続することになります。

借地権付きの土地の上に建つ建物に住んでいる場合は特に問題になることはありませんが、両親が住んでいて自分は遠方に住んでいる場合や今後は誰も住む予定がない場合、兄弟など複数の相続人では借地権の管理が難しい場合などは、借地権を売却することが可能です。

更地借地権の売却は、まずは地主に買い取ってもらうのが第一優先です。地主との関係が良好であれば交渉をスムーズに進めることができますし、地主にとっても底地と借地権がセットになることで土地の価値を高めることができます。また中には借地権と底地権を縦半分に割って等価交換を行い、借地権と底地権をセットにしてそれぞれが所有し、その後売約する方法もあります。これも土地の価値を高めることに繋がります。

この他にも地主が買い取りを拒否し、第三者への売却を承諾すれば第三者に売却することができます。建物を残したままにするのか、更地にして売却するのかはその時の状況によって異なりますが、相続した借地権を現金に変えることができる手段です。