買取店に依頼する

借地権を地主ではなく第三者に売却する場合は、底地取扱店への相談がおすすめです。不動産会社の中には、借地権や底地の売買を行っている業者もあります。逆に全く取り扱いのないところでは専門的な知識が乏しい可能性があります。

買い取り底地取扱店に借地権の売却を依頼することで、個人ではなかなか思うように進まない地主との交渉や新しい借地人との契約などを代理で行ってくれます。地主にも地代や承諾料、契約内容など事細かに説明をしてもらうことができるので、スムーズな交渉が可能です。

被相続人は地主と良好な関係を保っていた場合でも相続人になると変わってしまう可能性もありますし、第三者への売却の承諾を取り付けようと個人で無闇に交渉をしてしまうと、地主との関係性が崩れてしまう可能性があります。借地権は非常に強い権利を持つものですが、何かと地主の承諾が必要なこともあり、地主との関係は良好に保つことが大切です

こういった場合に円満に第三者に借地権を売却することができるように動いてくれるのが底地取扱店であり、間に入ってもらうことで円満に相続した借地権の売却を進めることができます。底地取扱店は、相続した借地権の売却だけではなく借地権や底地に関する様々な相談を行うことができるところです。借地権について悩んでいる場合は、まずは相談してみましょう。