借地権の買取り

借地権を売却したい時に強い味方になるのが、借地権や底地などの売買を行っている不動産会社です。借地権や底地を取り扱う不動産会社は依頼者に代わって、地主と直接交渉を行います。土地に建っている建物についてや新しい借地人との契約、地代や更新料、承諾料など具体的な内容を地主に提案することでスムーズに借地権の売却を進めることができます。地主と借地人が交渉をする際は、どうしても地主の方が借地権や底地に関する知識やノウハウを持っていることから専門的な知識がなければ、交渉が進まない、決裂してしまうなどのデメリットがあります。

不動産会社交渉の内容によっては、地主を怒らせてしまう可能性もあり、その後の関係に影響してしまうこともあります。借地権を持っているとは言っても大規模や増改築や建て替え、第三者への譲渡や売却の際は必ず地主の承諾が必要になることから、円満な関係を築くことが大切です。

不動産会社の中には借地権や底地を取り扱わない業者もあることから、借地権の売却を検討する場合は専門の不動産会社を選ぶ必要があります。借地権の売却には地主が最初に買い取ることができるという優先順位がありますが、地主が買取りを拒否し、第三者への売却を承諾する場合は借地権や底地を取り扱っている不動産会社が買い取ることもできます。借地権の売却を検討する場合は、借地権や底地の取り扱いをしている不動産会社に依頼するのが最適です。

そこでここでは、借地権を相続したが売却して手放したいという人に、相続した借地権の売却について紹介します。