買取店に依頼する

借地権を地主ではなく第三者に売却する場合は、底地取扱店への相談がおすすめです。不動産会社の中には、借地権や底地などの売買を行っている業者もあります。逆に全く取り扱いのないところでは専門的な知識が乏しい可能性があります。

買い取り底地取扱店に借地権の売却を依頼することで、個人ではなかなか思うように進まない地主との交渉や新しい借地人との契約などを代理で行ってくれます。地主にも地代や承諾料、契約内容など事細かに説明をしてもらうことができるので、スムーズな交渉が可能です。

被相続人は地主と良好な関係を保っていた場合でも相続人になると変わってしまう可能性もありますし、第三者への売却の承諾を取り付けようと個人で無闇に交渉をしてしまうと、地主との関係性が崩れてしまう可能性があります。借地権は非常に強い権利を持つものですが、何かと地主の承諾が必要なこともあり、地主との関係は良好に保つことが大切です。

こういった場合に円満に第三者に借地権を売却することができるように動いてくれるのが底地取扱店であり、間に入ってもらうことで円満に相続した借地権の売却を進めることができます。底地取扱店は、相続した借地権の売却だけではなく借地権や底地に関する様々な相談を行うことができるところです。借地権について悩んでいる場合は、まずは相談してみましょう。

借地権の売却

遺産相続をする場合は、全ての遺産を相続する必要があります。例えばプラスの遺産は相続してマイナスの遺産は相続しないという選択をすることはできません。遺産に借地権が含まれており、他の遺産を相続する場合は借地権も自動的に相続することになります。

借地権付きの土地の上に建つ建物に住んでいる場合は特に問題になることはありませんが、両親が住んでいて自分は遠方に住んでいる場合や今後は誰も住む予定がない場合、兄弟など複数の相続人では借地権の管理が難しい場合などは、借地権を売却することが可能です。

更地借地権の売却は、まずは地主に買い取ってもらうのが第一優先です。地主との関係が良好であれば交渉をスムーズに進めることができますし、地主にとっても底地と借地権がセットになることで土地の価値を高めることができます。また中には借地権と底地権を縦半分に割って等価交換を行い、借地権と底地権をセットにしてそれぞれが所有し、その後売約する方法もあります。これも土地の価値を高めることに繋がります。

この他にも地主が買い取りを拒否し、第三者への売却を承諾すれば第三者に売却することができます。建物を残したままにするのか、更地にして売却するのかはその時の状況によって異なりますが、相続した借地権を現金に変えることができる手段です。

借地権を相続する

借地権を持った被相続人が亡くなると、その被相続人が所有していた借地権も他の遺産と同じ様に相続の対象となります。遺贈以外の相続の場合は地主の承諾は不要で、新しく借地契約を結ぶ必要はありませんし、名義変更も特に必要はありません。また兄弟で借地権を共有するなど、複数の相続人で借地権を持つことも可能です。

相談借地権を相続する際に地主の許可や新たな契約は必要ありませんが、相続をすると土地の所有者である地主に土地の借地権を相続により取得したことを通知する必要があります。この他の手続きは必要ありません。借地権者が亡くなった場合でも土地の返還請求に応じる必要はなく、建物を所有することができます。

ただし、同じ相続でも遺贈の場合は地主の承諾が必要になります。遺贈とは遺言によって相続人以外の人に財産を送ることであり、借地権の遺贈は譲渡と同じ扱いになります。借地権の遺贈を受ける場合は地主に承諾請求を行い、承諾が得られれば承諾料を支払って移転手続きを行います。通常の相続と遺贈では借地権の取り扱いが変わり、地主への対応も変わってくるので注意が必要です。もし地主の承諾が得られなかった場合は相続することができないというわけではありません。家庭裁判所に申し立てを行い、賃借人の借地権譲渡の承諾に変わる許可を得ることもできます。申し立てが却下された場合は借地権の遺贈ができないので、諦めきれないという場合は弁護士などへの相談が必要になります。

借地権の買取り

借地権を売却したい時に強い味方になるのが、借地権や底地などの売買を行っている不動産会社です。借地権や底地を取り扱う不動産会社は依頼者に代わって、地主と直接交渉を行います。土地に建っている建物についてや新しい借地人との契約、地代や更新料、承諾料など具体的な内容を地主に提案することでスムーズに借地権の売却を進めることができます。地主と借地人が交渉をする際は、どうしても地主の方が借地権や底地に関する知識やノウハウを持っていることから専門的な知識がなければ、交渉が進まない、決裂してしまうなどのデメリットがあります。

不動産会社交渉の内容によっては、地主を怒らせてしまう可能性もあり、その後の関係に影響してしまうこともあります。借地権を持っているとは言っても大規模や増改築や建て替え、第三者への譲渡や売却の際は必ず地主の承諾が必要になることから、円満な関係を築くことが大切です。

不動産会社の中には借地権や底地を取り扱わない業者もあることから、借地権の売却を検討する場合は専門の不動産会社を選ぶ必要があります。借地権の売却には地主が最初に買い取ることができるという優先順位がありますが、地主が買取りを拒否し、第三者への売却を承諾する場合は借地権や底地を取り扱っている不動産会社が買い取ることもできます。借地権の売却を検討する場合は、借地権や底地の取り扱いをしている不動産会社に依頼するのが最適です。

そこでここでは、借地権を相続したが売却して手放したいという人に、相続した借地権の売却について紹介します。